キャプチャーパイロット™ Pro

キャプチャーパイロット / サムネール / 写真を表示

Capture Pilotを使用すると、Capture One Proソフトウェアから直接iPad、 iPhoneおよびiPod Touchに写真を表示、レーティングおよびキャプチャーすることができます。ウェブ機能により、別のコンピューターや、Android (携帯端末)やWindows Phone オペレーティング システムからも閲覧したり評価を行うことができます。

はじめに

Capture Pilotツール (初期設定)は、キャプチャ ツール タブの下部にあります。これは、iOS デバイス上のCapture Pilot アプリとあわせてアプリをCapture Pilotと連携します。Capture Pilot アプリにより、iPad、iPod TouchおよびiPhoneにある画像ファイルを提示、評価、キャプチャできます。

Capture Pilotツールにはウェブ機能も付いており、コンピュータ、Android (携帯端末)またはWindows Phone オペレーティングシステムからウェブブラウザを使ってタグ付きのキャプチャーイメージを表示、評価設定、色づけすることができます。

ビデオ:Capture Pilot

ビデオ・チュートリアルで Capture Pilot について学習しましょう(右のイメージをクリックしてください)。Cpautre One Pro 7 と Capture Pilot を一緒に使用すれば、無線による遠隔表示、ズーム、レート、タグ付け、高解像度 DSLRのパン撮影、中判 RAW、JPEGとTIFFイメージの作成が可能です。

iPad, iPhoneまたはiPod TouchのCapture Oneへの接続

  1. Capture One Proの キャプチャー ツールの下部にあるCapture Pilotを開きます。 
  2. サーバー名を追加して、ドロップダウンメニュからiPad/iPhone/iPod Touchで表示したいフォルダを選択します。 
  3. 必要に応じてパスワードを入力します。 
  4. こうして、iPad/iPhone/iPod Touchでキャプチャーパイロットアプリケーションを開きます。 
  5. サーバーリストから名前を付けたサーバーを選択します。

キャプチャーパイロットは、WI-FIレンジにある場合は、複数の実行中のCapture One Proサーバーには接続できません(すなわちiPad/iPhone/iPodサーバーリストでサーバーを変更することで、複数のコンピュータのイメージを表示することができます)。

Web ブラウザに接続します。

  1. Capture One Proの キャプチャー ツールの下部にあるCapture Pilotを開きます。
  2. ベーシックタブを選択し、画像サーバの開始*を押します。 場所を指定して公開 ドロップダウンメニュから、モバイルとウェブが選択されていることを確認します。
  3. [ウェブ] タブを選択し、ドロップダウンメニュからテーマを選択します。
  4. 画像の評価と色のタグの選択を外し、本機能を無効にします。
  5. [ベーシック ]タブを選択し、メールアイコン上でクリックします。(丸囲みを参照)リンクを記載した電子メールが受信者に送信できます。

注意:ウェブブラウザ機能は、ローカルネットワークでの作業を想定しています。

*最初にユーザーシステムパスワードを必要とするウェブサーバーの起動時にはアラートが表示されます。

Capture Pilotのセットアップ

このビデオは、MacbookやiPadを用いてコンピューター間のネットワークの接続を確立することによるCapture Pilotセットアップ手順を説明しています。

ワイヤレス機能

iPad、iPhoneおよびiPod Touchを使用して、撮影しながらワイヤレスで高解像度DSLRおよび中解像度フォーマットのRAW、JPEGおよびTIFF画像を表示、ズームおよびパンすることができます。また、開始およびカラーレーティングを追加し、露出設定を調節し、カメラのシャッターを押すこともできます。

開始前に:キャプチャーパイロットをApple App Storeからダウンロードします。キャプチャーパイロットでは、ローカルネットワークWi-Fiが必要です。必ずコンピュータとiPadを同じネットワークに接続します。

別の接続方法(Mac)
ワイヤレスネットワーク設定がない場合、またはインターネット共有を使用してアクセスポイントなしに接続を設定できる場所にいる場合

  1. [システム環境設定] > [共有]を選択して、[インターネット共有]オプションを強調表示します。
  2. [ インターネット共有 ] オプションを強調表示してから(しかしまだチェックマークを付けません)、ドロップダウンメニュから[接続を共有] で[イーサネット] オプションを選択します。  
  3. 「To computers using」ボックスで「空港」にチェックマークを付けます。★ 
  4. 必要に応じて、[ 空港オプション ] ボタン(ボックスの下)をクリックして、[暗号化有効] にチェックマークを付けて、パスワードを追加します。 
  5. 忘れずに「インターネット共有」オプションにチェックマークを付けて「開始」をクリックします。 
  6. 次にiPad/iPhone/iPod Touch上の設定(アイコン)をクリックしてWi-Fiを選択します。 
  7. ここで該当するネットワークを選択して、パスワードを入力します。 

iPad、iPhoneまたはiPod Touchのフォルダでのイメージの参照

  1. サムネイルをタップするとフルスクリーンイメージが表示されます。
  2. スクリーンでピンチ動作をすることで、イメージを拡大/縮小でき、イメージを移動して最大200%でクローズアップの詳細を調べることができます。
    タッチスクロールで次のイメージに移動します。

コントロール機能(iOS デバイス) を用いた画像の表示

  1. 前向き矢印をクリックすると次のイメージを点検でき、また後ろ向き矢印をクリックすると前のイメージを点検できます。
  2. それから連結撮影では、停止を押すとそれがオレンジ色に強調表示されるので、現在のイメージをスクリーン上に保持します。ふたたび停止ボタン(白色で表示されます)を押すと、画像がキャプチャーされたときの状態でスクリーン上に自動的に表示されます。
  3. Capture One Proで編集したイメージは、編集された状態でキャプチャーパイロットに表示されます(つまりCapture One Proでモノクロに変換されているイメージは、iPadでもモノクロで表示されます)。

ウェブブラウザのコントロール機能を用いた画像の表示

Capture Pilot クラシックモード:サムネイルをクリックすると全画面画像が表示されます。前向き矢印 (上のスクリーンショットの丸囲み部分を参照) を選択し、次の画像をいるか、後ろ向き矢印を選択し、前の画像を見ます。

全画面 モード:矢印 (下のスクリーン ショットの丸囲み部分を参照) をクリックし、次の画像を見ます。前の画像を見るには、画像の反対側に(マウス)カーソルを持っていくと、後ろ向き矢印が表示されます。

色タグやスター評価の追加(iOSデバイス)

  1. Capture One にアクセスし、[ Capture ]ツールタブを選択し、[Capture Pilot] ツールから[ウェブ]タブを選択します。
  2. この機能を有効または無効にするには、格付け画像または色のタグ画像オプションボックスを選択または選択を解除します。
  3. iPad/iPod Touch/iPhoneのCapture Pilot 画面の左下隅にあるスターアイコンを押します。色とスター評価を適用できるウィンドウが画面に表示されます。

ウェブブラウザから色のタグおよびスター評価を追加します。

  1. Capture One にアクセスし、[Capture ツール]タブを選択し、[Capture Pilot] ツールから[ウェブ]タブを選択します。
  2. この機能を有効にするには、評価画像または色のタグ画像オプションボックスを選択または選択を解除します。 
  3. サムネールが全画面表示されるように、ウェブブラウザでサムネイルをクリックしてください。色とスター評価を適用できるウィンドウが画面に表示されます。

露出設定の変更と、Capture Pilotからの直接撮影(iOSデバイス) Pro

  1. iPad/iPod Touch/iPhoneのCapture Pilot 画面の左の角にあるカメラアイコンを押します。
  2. フローティング・ウィンドウが画面に表示されます。絞り、シャッター、またはISO番号を長めに押すと別の設定のメニュリストにアクセスできます。露出設定は数字設定の隣にある(仮想)ダイヤルをスワイプすれば変更することができます。
  3. [シャッター] ボタンを押して、シャッターを切るか、イメージを露光させます。ファイルを、指定したCapture One フォルダに保存します。

Web 表示モード:フルスクリーン

Web ブラウザ機能には 2 つの基本モードがあります。 フルスクリーンCapture Pilot Classicです。

フルスクリーンモードでは全体でひとつのイメージを表示します。イメージをクリックするとカラータグと星評価、サムネイルのフィルムストリップが画面下部に表示されます。

Web 表示モード:Capture Pilot Classic

Capture Pilot Classic は基本的にサムネイルイメージのコンタクトシートです。連結撮影されると即座に新しく撮影したイメージが表示されます。サムネイルのサイズは、画面左上に表示されている S、M、L の文字を押すと調整できます。

詳細

  • 左上隅にある[戻る ]アイコン(iOSデバイス)をクリックして、前の画面に戻ります。(例:サムネール表示またはサーバリスト).
  • (iOSの)画面の下部にあるツールバーのヒストグラムアイコンをクリックすると、フローティング/ムーバブルヒストグラムが表示/非表示になります。
  • サムネイルのサイズは、接続されたiPad/iPhone/iPod Touchのスクリーンの右下隅にあるS、MおよびL文字を押すことで、(iOSの)Capture Pilotで調節できます。

注:[Capture Pilot モバイル]タブ(Capture One Proの中)では、特殊なWi-Fi設定を行っている場合にポート番号を設定できます。

 

Capture Pilot のウェブ機能は何ですか?

ウェブブラウザ機能はカメラマンやクライアントが画像を表示し、評価するための追加手段を提供しています。本新機能により、ウェブブラウザ対応のデバイスを持っている人なら誰でもCapture Pilotにアクセスできようになりました。これにより、複数の人々による 'モニターの取り合い "を避けることができます。また、インターネットを介して、遠隔地からの撮影セッションの表示が可能となりました。