お待ちください...
お待ちください...

最新機能および改良点

Capture One 12は、より優れた色、より高速なパフォーマンス、そしてよりクリエイティブな制御を提供します。新機能には、高度なマスキング機能、さらに効率的かつ直感的なユーザーエクスペリエンス、プラグイン互換性などが含まれます。

ルミノシティマスク

輝度マスキングは、選択的なノイズ除去から正確なカラーグレーディングまで、さまざまな編集オプションを提供します。ブラシ製のマスクとは異なり、Luma Range 調整を 1 つの画像から他の画像に適用でき、その効果は、各画像の輝度に基づいて行われます。

線形グラデーション

Capture One 12 は、グラデーションマスクを次のレベルへ引き上げ、編集可能、移動可能、回転可能、さらに非対称グラデーションマスクを提供します。Capture One は、新しいパラメトリックマスキングエンジンを使用することで、マウスクリックやキーの操作だけでマスクの大きさ、形状、および対称性の調整し、線形グラデーションの可能性を完全に再定義します。

放射グラデーション

新しい放射状グラデーションマスクツールにより、スピーディでフレキシブルな放射状マスキングが可能となり、希望するフォールオフ効果によるビネットや他の調整に役立ちます。ラジアルマスクはサイズ、形状、および対称性を容易に調整することができます。

インタフェースのアップデート

色、アイコン、全体的なデザインは、長時間の編集作業用に最適化されており、発見のための実験やカスタマイズを可能な限り容易にしています。パワーユーザーのための完全なカスタマイズ機能を維持しながら、新しいユーザーにも歓迎される外観と使いやすさとなっています。

知的調整複写

画像間で調整をコピーする場合、Capture One は変化を迅速に検出し、迅速なワークフローを可能にします。画像間で調整をコピーする場合、Capture One は変化を迅速に検出し、迅速なワークフローを可能にします。

キーボードのショートカット検索

Capture Oneキーボードショートカットを検索し、ワークフローを次のレベルに引き上げてください。Capture Oneのキーボードショートカットの広範なライブラリはこの度、検索できるようになりました。

プラグイン

画像の共有、編集、コラボレーションを望む写真家やクリエイターのニーズに対応するため、Capture One プラグインエコシステムは強力なサードパーティ拡張を可能にします。

富士フィルムシミュレーション

Developed with Fujifilm, Capture One now offers the in-camera Film Simulations available in select Fujifilm cameras. Use Classic Chrome, Acros, or other highly popular Fujifilm presets as the editing starting point.
さらなる機能を見る
 

画像編集

Capture Oneは画質と使いやすさを念頭に開発されました。あらゆるツールは、編集プロセス、すなわちRAWファイルからのすべての情報の保存、回復、最適化からなるあらゆる面をあなたが徹底してコントロールするように設計されています。一連のツール一式は、常に完全な結果を成し遂げるための広範囲な可能性を提供しています。

露出、コントラストおよび彩度

知的に設計されたツールで基本的な画像編集を行います。コントラスト調節は彩度と色の変化を保護し、明るさ調整はハイライトを保護し、彩度は色のバーニングアウトを保護します。

高ダイナミックレンジ

シャドーおよびハイライトリカバリーは、あなたのRAWファイルで色情報を回復するための重要なツールです。Capture Oneは、あなたのカメラから最高画質にデータ処理する一方、自然な見栄えを確保します。

カーブおよびレベル

標準的な水平面ツール、RGBカーブおよび個々のチャネルカーブ(赤、緑および青に加えて、Capture Oneは、色合いと彩度に影響を及ぼすことなく光度を効果的に制御するLuma Curveを特徴としています。

明瞭度およびストラクチャ

シャドーとハイライトの詳細を保存する一方、画像の影響度を強化するために明瞭度およびストラクチャを加えます。明瞭度の方法4種類をさまざまな使用シナリオに利用できます。 ストラクチャを使用して追加定義を詳細部分に加えます。

フィルムカーブ

基本特性のカーブはすべてのピクセルの基本トーンマッピングを示し、RAWファイルの最初の「見栄え」を効果的に管理します。標準的なカーブ以外にも他のカーブが利用でき、画像管理に付加的なオプションを提供します。

スタイルおよびプリセット

視覚調整の事前デザインの範囲は、スタイルおよびプリセットを用いて23回のクリックで適用できます。内蔵型パックから選択、ご自身のものを作成、または他の写真家からのサードパーティのスタイルをインストールします。

画像編集チュートリアルを見ます

レイヤー

正確な局所調整のためには、Capture One Proの大部分のツールはレイヤーに適用可能であり、あらゆる画像の管理を向上させます。最高16枚のレイヤーを適用して、正確なマスキングのためにさまざまなブラシオプションを使用します。それぞれのレイヤーの不透過率を変えることによって、局所調整の影響を管理します。

放射グラデーション

容易に丸型マスクを作成、変形できます。
放射状マスクでは、ソフトエッジで丸型マスクの作成、変形が簡単にできます。カスタムビネット、創造的効果または焦点をはっきりさせるためにそれらを使用します。形状の内部または外部のいずれかに調整を加えることができます。

線形グラデーション

グラデーションマスクの作成および変形。
いかなる調整にもソフトリニア減衰を適用して、レイヤー上にスムーズな勾配をつけます。スムーズにスカイに移行するか、他の効果のためにグラデーションを使用します。ハンドルを用いて容易にグラデーションを変更します。

ルミノシティマスク

特定の光度範囲からマスクを作成します。
ルミノシティマスクは、キャプチャーワンにおける新規マスキング方法を可能にします。範囲を光度(明度から選択することによって、どんな調整でもその範囲に加えることが可能です。シャドーリカバリーを最も暗いシャドーのみに適用するか、その画像の最も明度の高い部分に加えます。可能性は無限です。

ヒーリングおよびクローニング

画像から不要な要素を削除する必要がありますか。局所調整を使用して新規レイヤーを加えることで、画像を手直しまたは複製します。Heal Layerは標的面積の環境と混ざる一方、Clone Layerで特に標的領域にソース領域を複製します。

フェザーマスクおよびエッジ微調整

ドローイング後にマスクのエッジをぼかすのは、フェザーマスク機能で単純化されています。エッジをフェザーで覆うためには単純にスライダーをドラッグすることによってマスクの再ドローイングを回避します。
エッジ微調整は、マスクにより正確なエッジを作成します。多くの用途で非常にきれいで調節可能なマスクを作成し、例えば背景に対して毛髪を引き立たせます。精密な仕上がりには改良されたオートマスク機能を使います。

グレースケール

グレースケールに切り替えることによって、画像の妨げなしにマスクを視覚化します。マスクのない領域が簡単に見つかり、修正できます。

レイヤー編集チュートリアルを見ます

画像を整理します

アセットマネージメントは、あらゆる写真家にとって重要であり、個人の日々の仕事の画像または何千もの画像を有する大規模なコレクションを管理します。Capture Oneはあらゆるタイプの写真家に対してツールと解決策を提供し、アセットマネージメントを単純化、迅速化および効果的にします。

カタログおよびセッション

小さな日々の仕事や大規模な画像コレクションを管理したい、もしくはスタンドアローン画像編集ツールが必要かどうかに関係なく、Capture Oneにはあなたの仕事方法に適した強力なワークフローがあります。セッションは、大部分の日々の仕事のため、カタログは、大規模な画像コレクションのために設計されており、Capture Oneをスタンドアローン画像編集ツールとしても使用できます。

プロセスレシピ

高容量画像のエクスポートのために、プロセスレシピは強力な時間節減型オプションを提供します。プロセスレシピを使えば、たったの1クリックで画像を複数のフォーマットや大きさ、場所にエクスポートできます。オプションは、-トリミング無視、アウトプットを際立たせる、メタデータ削除、ウォーターマーク追加など他多数あります。プロセスレシピは、あなたの出力プロセスに不可欠です。

選択、評価、選別

苦労せずに素早く、数百または数千の画像から選択する必要があります。Capture Oneは評価、タグの色付けおよびセッションまたはカタログ内で画像を自由に動かすための広範な選別ツールを提供します。

フィルターおよびスマートアルバム

効率を最大にするための広範な基準によって、全体的に画像をフィルターに通すか、スマートアルバムとしてフィィルターを保存します。現在のコレクション内で50mmのレンズを用いた、すべての5星付、カラータグ付、ポートレイト指向のイメージショットを発見することは、これまで容易ではありませんでした。

キーワードおよびキーワード一覧

1クリックで複数の画像からキーワードを追加および削除します。複数のキーワードライブラリを作成して、容易にさまざまな一覧表を管理して、あなたのアセット・マネージメント・ワークフローの統合化部分をキーワード化します。

改良されたPSDサポート

Capture Oneは、レイヤーPSD-ファイルの読み込みを完全にサポートし、画像編集ワークフローの改良された管理を提供しているPhotoshopとの併用が可能になっています。

Capture Oneへの切り替え

Capture Oneでは、他のサードパーティアプリケーションカタログのインポートが可能になり、移行がこれまでより容易になり、あなたの画像のフォルダ構造と大部分の調整を維持します。

アセット・マネージメント・チュートリアルを見る

ワークフローおよび性能

カスタマイズ可能なツールおよびキーボード・ショートカットからグラフィックスおよび瞬時のテザードキャプチャーまで、Capture Oneは作業負荷を最小限に抑え、効率を最大にするために作成されています。あなた自身のワークスペースを設計して、Capture Oneで作業するご自身の方法を見つけてください。

テザーキャプチャー

Capture Oneの業界をリードするテザーキャプチャーは、スピードと精度が重要な写真撮影セッションに対して迅速で融通が利き、信頼性が高いものです。ほぼ瞬時の視認経験に対して、ご自身のコンピュータに直接撮影画像を送ります。これは、即時補正の有無には関係ありません。静物の写真を撮るときには、構成が容易なライブビューが可能です。

ワークスペース

Capture Oneはあなたのワークフローに適合するように設計され、ワークフローをサポートするワークスペースをご自身でカスタマイズし構築できます。すなわち、ツール、ビューア、サムネイルおよびアイコンを便宜上隠したり、移動したり、大きさを変更することができます。

トークン

ウォーターマーキングなどのネーミング、目的地および他の入力項目のためのテキスト領域は、「トークン」を使用するオプションを提供します。静的な手書きテキストの代わりに、トークンは動的で、結びつく情報によって変化します。例えば、「ISO-トークン」はインプットとして個々の画像のISO値を使用します。これにより、それぞれの画像に適合するために自動的に変更するダイナミックな情報で、容易にフォルダを作製し、画像の名称を変更し、ウォーターマークを追加でき、ワークフローを大きく向上させます。

キーボードのショートカット

Capture Oneで作業中に、キーボードのショートカットを作成、管理して、効果的にあなたのワークフローと効率を向上させます。Tangent (タンジェント製品に対するサポートは、ショートカットのカスタム化をさらに向上させます。

注釈

画像に直接手書きの注釈およびドローイングを加えることによってCapture Oneで画像に注釈をつけます。何がその瞬間にあなたを捕えたかを思い出すために、修正者と共有するためのメモを書き留めるために、今後のためのリマインダーを書き留めるために使います。
理想的な柔軟性のために、別々のレイヤーでエクスポート済みPSDファイルに注釈をつけます。

コピー調整

バッチで作業するときには、1つの画像から他の画像に調整をコピーすることによって時間を節約します。すべての調整、一つのツールからの調整または調整クリップボードからの特定のツールをコピーします。

グラフィックス高速化

グラフィックス高速化(OpenCL) は、グラフィックスカード(GPU) の力を利用して、編集時によりスムーズな作業を、画像処理時にさらに高い性能を提供します。最初から最後まであなたのワークフローを高速化します。

ワークフローチュートリアルを見ます

カラーコントロール

Capture Oneは非常に優れた色彩処理で知られています。当社のカスタムメイドカメラのプロファイリングにより、すべてのRAWファイルはカメラから一直線の輝きを放ちます。あなたが創造的なカラーグレーディングツールを探しているか、画像に自然な色を確保したいかどうかに関係なく、Capture Oneはあなたのビジョンを達成するための強力かつ高精度なツールを提供します。

カメラから直接取り込む

500機種以上のカメラのためにカスタマイズされたカラープロファイルにより、カメラから直接カラー情報が得られ、すべてのRAWファイルを調整するためのベースとなります。

カラーバランスツール

直感的なカラーバランスツールにより緻密なカラー調整を簡単に行うことができ、シャドウ、中間調、ハイライトの色調と輝度を個別に調整することができます。

カラーエディター

特定の色域の色相、彩度、明るさを効果的な調整できます。
望み通りの色調に調整し、正確な色調に設定することができます。

スキントーンの編集

複雑な色修正を行うことなく、3つの均一スライダ(色相、彩度、明るさ)で簡単にスキントーンを均一化できます。更に部分調整で適用することで最大限にコントロールすることができます。

モノクロ

Capture One のブラック& ホワイトツールは、シルクのように滑らかに仕上げるためにノイズを最小限にしながらもクリエイティブに完全なコントロールが可能です。

カラー編集チュートリアルを見ます

詳細およびレンズプロファイル

ドライビングファクターとしての画質で、Capture OneRAWファイルの画質を最大限に引く出すように開発され、可能な限り高水準な細部を提供します。対応する各レンズは、カスタムメイドのレンズプロファイルに適合し、歪みや光量落ちを最小限に抑える高精度ツールを提供します。

シャープニング

豊富なシャープニングツールは、アマウントからハローサプレッションまでのすべてを管理をし、プロセスの完全な管理を提供します。プロセスレシピへのシャープニング次第で追加使用すれば、例えばスクリーンまたはプリント出力で、画像の大きさに関わらず最高の画質になります。

ノイズ低減

Capture Oneでのノイズ低減は、カメラのモデルとISOとに依存しており、詳細を保存する一方、ノイズを管理するための究極のツールを提供しています。

出力校正

大型印刷用に画像を処理することは、ソーシャルメディア用に画像を処理することとは非常に異なります。Capture Oneは、1クリックで簡単に希望出力を達成するために、さまざまなセットアップを保存する独立したプロセスレシピを可能にします。それぞれのレシピでは、他の設定中ではさまざまな画像サイズ、品質、ICCプロファイルおよびシャープニングができます。出力校正では、画像を最初に加工しなくても、それぞれのレシピの最終画像をすぐに見ることができます。これにより、試行錯誤せずに、より簡単にそれぞれのレシピの微調整を完成させます。

シミュレーションされたフィルムグレイン

6種類のグレインのいずれかを選び、フィルムグレインを画像に加えることによって、アナログの感触をシミュレーションします。最終的な見栄えを最大に調整するためにインパクトと粒度を変更します。

モアレ

モアレの原因となる難しいパターンの管理も単純かつ容易に行えます。最大に調整するための局所調整として適用します。

レンズ修正

Capture Oneの豊富なレンズプロファイルのライブラリまたはメーカーのプロファイルから即時に歪み、色収差、光およびシャープネスの低下を修正します。

キーストーン

キーストーンを使用して、垂直線、水平線または双方ともに真っすぐにします。スクリーン上のキーストンツールは、使用プロセスを容易にしています。

すべてのチュートリアルを見ます