お待ちください...
お待ちください...
 

ケン・ヘルマンのアトモスフィックポートレイト

"なるべく多くの環境を盛り込むことが好きです。人物を取り巻くものはすべてその人を印象づけるための大切なものなのです。" ケン・ヘルマン
ロケーション設定
叙情的なイメージに仕上げるにはロケーションに適したレンズ選びが不可欠です。レンズが持つそれぞれの特性がフォトグラファーの思い通りの仕上がりを左右するのです。

ケン・ヘルマンのイメージは私達をミクロ世界と繋げてくれ、写真表現について再考するきっかけを与えてくれます。 彼は人物とそれを取り巻く固有のストーリーに興味を持ち、人と環境が織りなす脆弱なバランスを模索しています。 ドキュメンタリーとドラマチックなポートレイトを融合させ、自然光と照明を絶妙に駆使し、人々の日常を夢のように再現します。

琥珀プロジェクト
琥珀にスポットをあてたプロジェクトではケンは琥珀のハンターにまつわるストーリーを紐解きます。

"過去数年間で琥珀の価格は4〜500%上昇しました。それによって琥珀熱を引き起こしそれを採集するためにハンター達が注目し始めました。 人々は早朝3時に北欧の金を手にするために目を覚まします。 琥珀プロジェクトのテーマでありハンターのストーリーの 撮影にはBlue Ring 35mm、45mm、150mmを使用しました。"
 

"Schneider KreuznachのBlue Ringプライムレンズは今まで使ったレンズとは全く違っていました。" ケン・ヘルマン
機材
ケンは XF カメラシステムとSchneider Kreuznach Blue Ringレンズで琥珀をテーマに撮影しました。

"フォトグラファー向けのセミナーで初めて見てすぐに最初のPhase Oneカメラを入手しました。Phase Oneのミディアムフォーマットは他の35mmカメラとは比べ物にならないほどのクオリティだったのですぐに決断することができました。"

ケンが創り出す夢のようなイメージにはレンズを選択が重要です。

"Schneider KreuznachのBlue Ringプライムレンズは今まで試したレンズとは比べてXFシステムを最大限に活用できるレンズです。特に広角レンズの45mmのレンズには感激しました。ほとんどいつもカメラに付けています。ポートレイトの撮影時には様々な環境を取り込んで再現することが好きです。コマーシャルプロジェクトも撮影しますが、150mmのレンズの素晴らしさ、特にボケとシャープネスは無敵です!最近は150mmを自分のスタイルに取り入れようとしています。撮影に取り込みたいと思う環境にはそれぞれの深度があり、画像の雰囲気が変化するのです。"
 
 

Blue Ringレンズにご興味がありますか?

最寄りの販売店でデモの申し込みをする。