お待ちください...
お待ちください...
 

サイモン・プシュマン

カー・フォトグラフィーの実例

 
"このような環境で全て完璧とはなりませんが素晴らしいチーム、XFの高精度オートフォーカスのお陰で期待以上の結果が残せました。"

サイモン・プッシュマンは大手自動車メーカーのイメージ撮影を専門しています。ハンブルグの多くの関係者は結果を求め常にPhase Oneシステムの高画質、パフォーマンスに依存してきました。

昨今、実際に撮影されたイメージとその背景が同時に使用されることは稀になってきています。合成せずコンピューターで処理しない本当のアクション撮影にこだわる男 - カー・フォトグラファーのサイモン・プッシュマンはそのような撮影を特別に創造性を掻き立てる機会として楽しみます。

スペイン、カタロニアの老朽化したトラックで夕刻近くに、その385馬力を誇るレーシングカーはスタートポジションに立ち、傍には黒いピックアップが撮影車として準備されています。サイモン、プッシュマンはハーシュネスを付けノッチバックに座りPhase One XFを手にしています。80キロで走行、カーブ手前でプッシュマンはウエストレベルファインダーを覗き込みレースカーを捉えます。車の先端をフーレムし、45mmレンズが装着されたカメラのレリーズを切ります。

マジックのように黒と黄色いレースカーは路面に張り付き、そのボディは剃刀のようにシャープに捉えられ、同時にその振れたリムがスピード感を否応なく伝えます。”並走し撮影するケースでは歩留まりは悪くありません”、”典型的にダイナミックな動体振れを捉えるのであれば最低でも70kmくらいで若干露光を長く取り1/30秒くらいで設定します。もちろん、このような環境で全て完璧とはなりませんが素晴らしいチーム、XFの高精度オートフォーカスのお陰で期待以上の結果が残せました。

"Phase Oneシステムは使い心地、ワークフロー、最も重要な画質という点で創造的なアイディアを容易に具現化できる、まさにプロフェショナルの必需品だと思います。"

新開発のHAP-1ハニービー・オートフォーカスに加え、独自設計のセンサーと新プロセッサーによりプッシュマンは”新しいXFカメラシステムから多くの恩恵、特に格段に向上したシャッターレスポンスを得ることができました”と語り、また”スピードが向上したのでシャープなイメージをより多く捉えることが可能になった”、プッシュマンは感想を漏らしました。5年以上Phase Oneのミディアムフォーマットを使用してきましたが、このイメージはプッシュマンが初めてXFで撮影したものです。

"プリズムファインダーをウエストレベルと交換できることも素晴らしいアイディアだと思う。特に車上での撮影時に高さはわずか30−50センチで理想的なパースで快適に撮影できるんだ”。プッシュマンはまた彼の満足度をXFのタッチスクリーンに関しても言及しています。”ユーザーインターフェースは初めてのものだった。最初の時点では必要な機能に行き着くまで、かなり深い階層まで行かなければならないと感じましたが使い続けると、他のPhase Oneソリューション同様、これは直感的で考え抜かれた設計だと感心しました” 。自動車撮影のプロとしてIQ250を選んだ理由を顧客の中には夜の雰囲気で撮影したい要望も寄せられ、その際には低ノイズのCMOSセンサーでISO800までは全く問題なく撮影で屋内撮影では明るさが十分であったのでIQ260を使用しました。Alpa 12 TCベースのA-シリーズのパラレルシフトを活用しディストーションを調整しながら快適に撮影したと語ってくれました。

ハンブルグでの自動車撮影は世界中の巨大自動車メーカーが実際、選定する例として枚挙にいとまない状況で彼のPhase Oneカメラシステムは常に撮影可能な状態にあります。”キャリアの初期には実は他社メーカーのミディアムフォーマットカメラを使用していましたが画質、またはアプリケーションの点で制限があり、もちろん最近では撮影後、様々な加工ができますが...”、Capture Oneをそのデジタルアセットマネージメントとしても多用するプシュッマンは語ります。しかし撮影時にあらゆる手を直接、加えることが好ましい結果生むと確信をしています。彼は”Phase Oneシステムは使い心地、ワークフロー、最も重要な画質という点で創造的なアイディアを容易に具現化できる、まさにプロフェショナルの必需品だと思います。”と語りました。

 

サイモン・プシュマンに関して

サイモン・プッシュマンは1968年に生まれ、フォトグラファー、広告事務所でインターン経験の後、Lette Verein Berlinで学び様々な広告系フォトグラファーのアシスタントといして従事、1992年に自身のスタジオを開設。2006年から3年間、マサチューセッツ、米国で過ごしハンブルグに戻った後は、クライアント (アウディ、BMW、メルセデスベンツ、トヨタ、ワーゲン)の仕事で世界中旅をしてきました。現在はクライアントの1/3は米国系で今後の増加する傾向だという。

(サイモン・プシュマンの公式ウェブサイトを見る)Visit Simon Puschmann's official website