お待ちください...
 
 

Capture One Pro 10.1

Capture One Pro 10の新機能

Capture One Pro 10には、ワークフローや画質を向上させるための多くの新しいツールと機能が含まれています。 詳細は、リリースノートを参照してください。

PSD サポートの改善

Capture One Proはレイヤーを含むPSDファイルの読み取りを完全にサポートし、Photoshoファイルの閲覧に対応し、編集ワークフローのコントロールを改善しました。

システムワークフローの強化

新しいスタイル& プリセットツールを使用することで生産性が大幅に向上します。

すべてのスタイルをすばやく簡単に閲覧や管理できるように最適化されています。 ワンクリックで1つあるいは複数の画像にスタイルとプリセットを適用できます。


フジX-Transファイルサポートの改善

フジX-Transファイル向けに刷新されたRAW処理により、グラフィックアクセラレーションによる高速化を含むCapture One Pro 10の全てのツールを利用できます。また、フジX-Transの圧縮ファイル形式をサポートし、Capture One Proを最大限に活用できます。

調整の一時リセット

ボタンをクリックするだけで撮影時のオリジナルRAWファイルにリセットすることができます。

Option/Alt キーを押したままで、Capture One Proのマスターリセットを長押しすることで未調整のイメージを確認できます。

ウォーターマーク・トークン

トークンにより、各イメージの情報に基づいた固有の情報を手早く簡単にウォーターマークにすることができます。イメージにファイル名や日付、あるいはコレクション名を簡単に入れることができます。

アップルスクリプト(Mac のみ)

インポート、キーワード、バッチ・リネームや出力カウンターなど、Mac での作業をもっと効率的に

自動化することができます。

3ステップ・シャープニング

イメージをシャープにするプロセスを撮影から出力まで完全にコントロールします。 小絞り回折補正、極端なシャープニングを可能にするハロコントロール、現像設定に依存した出力シャープニングにより完璧な調整が可能です。

出力プルーフィング

大きなプリント用の画像を処理することは、ソーシャルメディアなどのための処理とは全く異なります。Capture One Proは、異なる設定をそれぞれに保存した現像レシピにより、ワンクリックで簡単に必要な出力を実現します。各レシピは、異なるイメージサイズ、クオリティー、ICCプロファイル、その他の設定により、鮮明な画像に仕上げることができます。

出力プルーフィングにより、画像を処理せずに各現像設定の最終イメージをシミュレーション表示できます。 これにより、試行錯誤を繰り返すことなく各現像設定の完璧な調整が簡単に行えます。

Download Release Note
 

30-day free trial

Download Capture One Pro and get a 30-day free trial. Visit our Learning Hub to get the best start.

Download Capture One Pro

Live Capture One Pro Webinars

Want to get the most out of Capture One Pro 10? Don’t miss out on our webinars for beginners and experts.

Check dates and sign up